メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドが映画出演ww




メタリカのジェイムズ・ヘットフィールド、大量殺人犯を逮捕する警官役で映画に出演することに

メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドは大量殺人犯のテッド・バンディの伝記映画で大作映画へのデビューを果たすことが明らかになっている。

「デッドライン」の報道によれば、映画『エクストリームリー・ウィックド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル(原題)』で「真面目」なユタ州の高速道路パトロール、ボブ・ヘイワードの役を演じるという。

ボブ・ヘイワードはザック・エフロン演じるテッド・バンディの車を停止させて、1975年に初めて逮捕した警察官となっている。

全文:

テッド・バンディ

セオドア・ロバート・バンディは、アメリカの犯罪者、元死刑囚。バンディは、1974年から1978年にかけて、全米でおびただしい数の若い女性を殺害した。 被害者の正確な総数はわかっていないが、彼は10年間にわたる否認を続けた後、30人を超える殺人を犯したと自白している。彼は原型的なアメリカのシリアルキラーとして考察される。 実際、「シリアルキラー」という表現は彼を表すために考え出されている。IQは124前後と考えられる。バンディは反社会性パーソナリティ障害であったと考えられている。残忍な殺人犯という一般的な評価の一方、しばしば知的でハンサムで愛嬌がある青年であったとも評される。 また、日本のメディアにも題材として登場し、ハンサムで頭脳明晰なシリアルキラーとしてショッキングに扱われる。テッド・バンディ

え?METALLICAのジェイムズ、今東京に居るの?

2016.07.15




ABOUTこの記事をかいた人

Flying V

洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!