アイドルがロックフェスに出たらどうなるか




2018年、伝統あるロック・フェスティバル「VANS WARPED TOUR」が日本で開催される。ヘッドライナーのKORNとPROPHETS OF RAGEを基軸にラウドなロックのアーティストらが集結する。
そしてフェスティバルといえばよく「なんでこういうのまで出すのか」と批判されるアーティストがいる。今回のVANS WARPED TOUR JAPAN 2018ではBiSHとPassCodeといったアイドル系統の出演アーティストが特によくあーだこーだ言われている。

BABYMETAL

言わずと知れたアイドルとヘヴィメタルの大成功例。2013年、LOUD PARK出演がこのグループの本格的なメタル界進出であったが出演が発表されたときはもう批判の嵐。当時はまだファンはほとんどアイドルオタクでヘヴィメタルファンからの支持は少なく「メタルの皮をかぶっただけのアイドル」なんて評価をされていた。

ところがいざライブが始まってみればどういうわけか大盛り上がり。それどころかこのライブで一気にメタルファンを獲得し、その勢いでどんどん“メタルのアーティスト”としての評価を高めていき、SONISPHEREやらDOWNLOADやら世界中のロックフェスにガンガン出演しては好評を博していった。

気がつけば当たり前のようにロックフェスに出るようになっていてアイドルらしい活動はほぼ皆無、2010年代のメタルシーンを最も盛り上げた“メタルのアーティスト”の一組とまでなっていた。http://heavy-metal.jp/mag/1438.htm

今、BiSHが熱い!!ラウド系アイドル達

2017.03.20

続・BABYMETALと大阪発4人組ラウド系アイドル「PassCode」の話

2016.10.15

仮面女子 日本最大のメタル・フェス「ラウドパーク14」のオープニングアクトとして登場しメタルファンを熱狂させる!

2014.10.19