カリフォルニア出身のテクニカルデスメタル『Rings of Saturn』に日本人ギタリストが加入




Rings of saturn

リングス・オブ・サターンは、カリフォルニア出身のテクニカル・デスコア・バンド。

ギタリストのルーカス・マンを中心メンバーとし、09年に活動を開始。CARNIFEX、SUICIDE SILENCE、WHITECHAPELなどに影響されたテクニカルなデスコア+宇宙~ルーカス自身の言葉を借りればエイリアン・デスコア~というのが、そのコンセプトであった。

同年ルーカスは2人のメンバーを加え、「Abducted」という曲をネット上で発表。そのテクニカルぶり、変態ぶりで、たちまち大きな話題となった。ちなみにこの時点で、メンバーは全員高校生であったというのだから驚きだ。彼らは間髪入れず、デビュー・アルバム『Embryoni c Anomaly』(自主制作)を発表。するとこれがUnique Leader Recordsの目にとまる。

Unique Leader Recordsは、同じくカリフォルニアのテクニカル・デス・メタル・バンド、Deeds of FleshのErik Lindmarkが設立したレーベル。この手の音楽の総本山とでもいうべき名門で、Deeds of Fleshはもちろん、DisgorgeやFallujahなどもリリースしている。つまり若きリングス・オブ・サターンは、初アルバムにしていきなりシーンのボスに認められたということだ。

Unique Leader Recordsはまず手始めに、彼らのデビュー作『Embryonic Anomaly』を再発。これにより、リングス・オブ・サターンの名は世界へと轟いていく。

http://www.hmv.co.jp/fl/52/354/1/

yo_onityan

yo_onityan(25) (@yo_sama223) – Twitterhttps://twitter.com/yo_sama223

Top Guitar shreds of Yo Onityan