ラウドロック・アイドル「FRUITPOCHETTE」が再結成




2012年12月23日、姉妹グループであるひめキュンフルーツ缶の2期研修生であった東志栞、寺谷美奈の2名でFrupocheを結成しデビュー。2013年7月1日、名称をFRUITPOCHETTEに変更した。

2013年9月7日、初定期公演を開催。2014年には「“HOMESICK TOUR”2014」と称し、47都道府県ツアー(59か所、64公演)を敢行、一部の公演を除き基本的に事務所スタッフの帯同はなく、ほぼメンバー2名だけで全国ツアーを成し遂げた。

愛媛県のスクリーモバンド、When My Life is Overの元メンバーである遠藤元気が手掛けるヘヴィメタルを基調とした重厚なサウンド、メンバー二人の歌唱力と息の会ったダンスが持ち味である。また、同じく愛媛県出身で元SEX MACHINEGUNSのKEN’ICHIがサポートとして生バンド演奏、レコーディングに参加している。

2017年4月17日、楢崎友理が脱退。東志栞のソロプロジェクトとなる。
7月30日、TSUTAYA O-nestにおける「FRUITPOCHETTEなりの甲子園」を最後に活動停止。

FRUITPOCHETTEのファースト・フル・アルバム「The Crest Of Evil 」

FRUITPOCHETTE – 『The Crest Of Evil』