夢を諦めきれない男たち「アンヴィル」とかいうカナダ出身のヘヴィメタル・バンドが話題に





アンヴィル は、カナダ出身のヘヴィメタル・バンド。 スティーブ・クドローとロブ・ライナーが1978年に結成し、30年以上にわたり活動を続けている。彼らの演奏は多くのバンドに影響を与えたとされている。かつてアンヴィルのローディとして働いたことがあるサーシャ・ガヴァシ(映画『ターミナル』脚本)は2005年に彼らに再びコンタクトを取り、彼らのドキュメンタリー映画を撮りたいと要望した。2年間に及ぶ撮影の末映画は完成し、2008年にサンダンス映画祭でプレミア上映された。




5 件のコメント

  • バンドの人気は長く続かず、20年以上経ち50代になった今では、
    中元すず香は、給食配給センターで働いており、
    結成時以来のメンバーの菊地最愛は建設作業で生活を支えている。
    そんな彼女らに、ヨーロッパツアーの話が舞い込む。
    2人は再起をかけて久しぶりにヨーロッパを訪れるが散々な目に遭う。
    落胆する中元のもとに日本のプロモーターから連絡が入り、
    フェスへの出演を依頼される。
    緊張する二人を出迎えたのは、会場にすし詰めになった熱狂的なファンであった。
    映画は、東京渋谷駅前の雑踏の中の中元と菊地の姿で終わる。
    菊地は夜空を見上げつぶやく。「あっ、由結!」

  • スレイヤーのメンバーがベビメタに「覚えてますか」みたいな挨拶されて「俺たちゃアンビルじゃねえぞ」みたいなこといってたな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。