Triviumのマシュー・キイチ・ヒーフィーの日本語カバーが素晴らしい




Suteki Da Ne – FFX I Acoustic Cover
マシュー・キイチ・ヒーフィー
マシュー・キイチ・ヒーフィー(Matthew Kiichi Heafy、山口県岩国市生まれ。1986年1月26日 – )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。トリヴィアムやカファルナウムのギタリストであり、ボーカリストである。

父親がアイルランド系アメリカ人で母親が日本人のハーフ。身長191cm。
山口県岩国市にて、ドイツ・アイルランド系アメリカ人の父と、日本人の母の間に誕生。1歳のときに日本を離れ、サンディエゴ、フロリダ、シカゴと転居し、以後はフロリダ州オーランドに居住。 11歳の頃にギターを弾きはじめ、このころに当時好んでいたパワーポップバンドに加入するが、この時は全くものにならず、あまりの演奏技術の低さにバンドをクビにされるほどであった。翌年メタリカなどのヘヴィ・メタル・ミュージックに衝撃を受け、この時より毎日数時間の練習をこなすようになる。そしてオフスプリングの「セルフ・イスティーム」を演奏していたところを目にかけられ、13歳の時トリヴィアムに加入。既にボーカリストがいたため当初はギタリストとしてのみの参加であったが、ボーカリスト脱退後すぐに兼任するようになる。
2010年1月に学生時代の同級生と結婚。