ニワカ論争「バカなファンは去れ」







9 件のコメント

  • 確かにいるよな、そう言う奴。
    そう言う奴は勝手なルールを作って周りに押し付け自分が優位に立っているって錯覚し良い気持(?)になれるのかねぇ… なんか可哀そうだよな。
    結局、人間も群れで暮らす動物だから猿や狼の群れと同じである程度の数の個体が集まると
    その集団の統制を保つために序列を必要とする。
    その序列が曖昧だと不安になったりするんじゃないのかな?
    で、その序列の上位を占めようとする本能が働いたりして… 優位に立てると不安が緩和され安心できるから「良い気持」になる… …のかな?
    お互い顔も見えない者同士でもそんな力学が作用し始めるのかねえ…
    ま、それはそれで温かく見守って差し上げるくらいの度量も持ち合わせたいね。
    それも楽しみ方の一つじゃあないのかな。色々な楽しみ方をお互いに許容したいね。

    • そうは思わないな、少なくともベビメタのライブで会ったベテランファンは違った。
      現場は専ら同好の士を増やそうと皆フレンドリーでしたし、ネットに居る煩さ方は少数派ですよ。
      漫画に描かれてるような狭量な人は皆から煙たがられて居場所を無くして終わりでしょう。

  • 元ネタ漫画の台詞は「最近○○が流行ってるみたいね、私も始めてみようかしら」だからねぇ。
    流行る程の物なら世間の認知度も高く元々のファン数も多い=新旧ファンの棲み分けは可能。
    流行コンテンツの場合、拗らせてるややこしい古参はノイジーマイノリティ扱いされて終わり。
    一次的流行でカジュアルなファンが増えても上澄みを消費されて定着率しなければ結局焼き畑。
    ならライトなファンを如何にハマらせるかコンテンツ提供側や先人ファンが導線を考える方が
    未来志向だし、過去に自分が経験した道を踏まえて新参を歓迎し上手くガイドする方が建設的。
    一方メタルの場合、流行は30年前でメインストリームから遠いしロック音楽自体が風前の灯火。
    メタルをカジュアル層に届ける機会を増やす意味でもベビメタの活動とファンの行動は重要だ。

  • スマークに見える人達の中には実際はただのアンチって人も多いだろうね。
    どちらも気に入らないものを無視出来ない人達というのは共通しているけど。

  • そんな奴リアルに居るか?ネット上ではファンに成り済ましのアンチや厄介者も当然居るからそう言う事もあるかもしれない。
    現場だと皆で一緒に楽しむだけだしな。

  • ベビメタが海外で火が付き始めた頃、メタルエリートたちに散々貶されたのに、いまでは古参のベビメタファンが新規を貶すというベビメタエリート化しちゃってるんだよねぇ

    • えっ、現場ではそんな奴に出会ったことも無いが・・・
      ネットの中に生息する成りすましアンチじゃないの、そいつらw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。