「イギリスで有名な日本人」第3位にロック・バンドFEEDERのタカ・ヒロセ




View this post on Instagram

タカさんまた出てますよ! #feeder

mabanuaさん(@mabanuainsta)がシェアした投稿 –

フィーダー

フィーダー(英: Feeder)は、イギリスのロックバンド。1994年ニューポートにて結成。
岐阜県穂積町出身の日本人で、中日新聞のロンドン支局で働く傍らグラフィックデザインを学んでいたタカ・ヒロセが、1994年に雑誌”Loot”に出したバンドメンバー募集の告知にグラントとジョンが反応したことで、新たなバンドである”Real”を結成するが、その名前をグラントが気に入らなかったことから”Feeder”(グラントが飼っていた金魚の名前から取ったという)と改称した。
1997年5月、初のフルアルバム『ポリシーン(Polythene)』がリリースされ、日本でもデビューする。
1999年に開催されたフジ・ロック・フェスティバルに初出演し、これが初来日となった。
2001年4月にリリースされた3rdアルバム『エコー・パーク(Echo Park)』は、先行シングル「バック・ロジャーズ(Buck Rogers)」「セヴン・デイズ・イン・ザ・サン(Seven Days In The Sun)」が立て続けにヒットし、アルバムも初登場5位を記録している。特に”Buck Rogers” “Seven Days In The Sun”の2曲と、「ジャスト・ア・デイ(Just A Day)」は、プレイステーション2のゲーム「グランツーリスモ3 A-spec」に使用されたことで爆発的ヒットとなる。
“2003 Kerrang! awards”で”Best British Band”を受賞している。

Feeder live at Reading Festival 2001