電気グルーヴのCDが出荷停止・回収される件について







6 件のコメント

  • 制作中あるいは今後リリース予定の作品については、逮捕による販売自粛・延期も理解できる。
    しかし過去にリリース済みの作品まで回収するのはペナルティとしての妥当性に疑問が残る。

  • 結局、彼の損害賠償は30憶円超だとか。
    無論、相応の責任は負うべきなのは当然だが、それを何処まで問うかだな。
    諸氏が言われる通り、海外の大物の同じ所業は放置放免しておきながらの、過大なバッシングは如何なものか。
    彼の所業は言語道断だが、これでは彼の過去の活動を評価し、その作品を購入した一般人の名誉まで毀損されているのも同然ではないのかな? ( 俺は一般人が評価する彼の表の活動と彼の裏の人格は区別すべきだと思うが )。
    こんな不祥事を繰り返す業界の体質こそ責任を問われるべきだろう。
    彼を起用した映画、TV業界も応分の責任を負うべきではないのか?
    にも拘らず、被害者に成り済まし損害賠償請求を彼にのみ課す無責任さこそ糾弾されるべきだろう。
    そこまでの責任を業界が負いかねると言うのなら、そこまでの責任を問うべきではないし、問う資格も無いのではないのかな?
    最終的な彼に対する審判を下す資格は一般視聴者に帰属するモノで、委ねられるべきだろう。
    結局さあ… 一般視聴者の見識を僭越にも業界が否定してるだけだぜ ( メディア全般に蔓延する思い上がりと同根だな ) 。
    業界の その不遜な傲慢さが不快なんだろうな、俺は。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。