1人を残して全員脱退。「NECRONOMIDOL」という”暗黒系アイドル”







今回は、2014年に結成されたJホラー、ブラックメタルを中心とする”暗黒系アイドル”NECRONOMIDOLをご紹介してまいります。

NECRONOMIDOLとは

NECRONOMIDOL(ネクロノマイドル)はプロデューサーのリッキー・ウィルソンにより2014年に結成されたユニット。
楽曲はブラックメタルやポストブラック、ダークウェーブ、NWOBHMを中心とする。
東京を中心に活動し海外でも公演を行う。
恵比寿リキッドルームや東京キネマ倶楽部でのワンマンライブの開催、一年に数回行われる海外ツアーを成功させ、計12カ国でのライブ実績がある。(イギリスの「Hyper Japan Festival」、オランダとスウェーデンの大型アニメフェスティバル、フランスの美術館での公演、アメリカの映画祭等)

プロデューサーのリッキー・ウィルソンって何者?

「サンリオが大好き。サンリオピューロランドの年間パスも持っている!」と、流暢な日本語で話す、アメリカ出身のリッキー・ウィルソン。
通称「ネクロ魔」のプロデューサー。
リッキーは、高校生の頃からアメリカで日本語や日本文学を学び、大学卒業と同時に来日。当初は熊本県で英会話スクールの講師をしていたが、その後、「活動の幅を広げたい」と上京。東京に来てからは、ホビー用品やフィギュアを扱う通販サイトの仕事をしつつ、バンド活動も行い、パンクやメタルを演奏していたという。その通販サイト会社が企画したイベントで、日本のアイドルと一緒になる機会があった。
「ただ可愛いだけではなく、曲も良い、日本のアイドルに興味を持った」というリッキー。知人の勧めもあって、自身でアイドルグループを立ち上げることになった。

https://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/locallegend-necronomidol

NECRONOMIDOLから3名が脱退

柿崎李咲、今泉怜、みしぇるが2020年3月16日をもってグループを脱退。これに伴ってNECRONOMIDOLは活動を休止。
柿崎は脱退の理由について「私達3人としても本来であればまだまだ続けていく気持ちでしたが、続けていくにあたり私の心情においては許容しがたい出来事があり、それは3人共通した気持ちでもありました」と説明。3人は脱退せざるを得なくなってしまったことを悲しんだ。
今後3人はSTARMARIE、日高央、RAMI THE REQUIEMなどのマネジメントを行う音楽プロダクション・M-SMILEに所属。柿崎と今泉は新ユニットを結成し、みしぇるはクリエイターとして活動する。
https://natalie.mu/music/news/371479
https://natalie.mu/music/news/378207

~現在

2020年5月1日 神乃菜愛、流川慈綺、兎蛇髏亞 が新たに加入。グループが2020年6月に活動再開予定であることが発表された。
6月2日 新体制初となるMV、「TUPILAQ」を公開。
6月5日 新体制初ライブを新宿LOFTにて無観客配信で開催。新曲「TUPILAQ」を含む全7曲を披露し再始動。
6月25日 新体制初の観客入りライブ、『dark endless』を渋谷 Chelsea Hotelで開催。同日、9月23日に新体制初となるワンマンライブを東京キネマ倶楽部で開催する事が発表された。

メンバー

月城 ひまり


2017年1月5日加入
元爆音少女症候群

神乃 菜愛


2020年5月1日加入
元HYSTERIC JAPAN (NaNa名義)

流川 慈綺


2020年5月1日加入

兎蛇 髏亞


2020年5月1日加入

おすすめ曲

ITHAQUA


2作目のアルバム「DEATHLESS」収録曲。

DAWNSLAYER


2作目のアルバム「DEATHLESS」収録曲。

おすすめのアルバム


NEMESIS
1stフルアルバム。
全曲のボーカルが完全撮り直し、曲もすべてアルバムの為にゼロからリミックス。
ダークウェイブからNWOBHM,プログレからウィッチハウス – 今までアイドル界に絶対になかったジャンルを14曲に絞った一枚。

関連リンク

Official Site
Twitter
Instagram